トップページ 酵素ジュースの効果とは? 酵素ジュースの選び方 酵素ジュースのアレンジレシピ

ナチュラルハイジーンという言葉を聞いたことはありませんか。
ナチュラルハイジーンというのは19世紀のアメリカの医師たちによって提案された理論で、主に食生活に重きをおいた自然健康法です。
健康維持と病気予防に役立つと考えられています。

では、ナチュラルハイジーンを実践しようと思った場合、具体的にはどのような生活を送ればよいのでしょうか。

「排泄」「消化」「吸収」の3つのサイクルにあわせて1日を送る

ナチュラルハイジーンでは1日を「排泄」「消化」「吸収」の3サイクルに分けています。

4時〜12時までは排泄の時間です。
老廃物を積極的に体から排泄する時間ですので、この時間はたくさん食べ物を食べたりせずに、体を排泄に集中させてあげましょう。
つまり、朝食は軽めのほうが良いということです。
ナチュラルハイジーンの本などでは、「朝食は果物のみにする」と書かれているものが多いですが、朝食を酵素ジュースのみにしてもかまいません。
要するに、朝の排泄の時間に酵素をたくさん摂って、より排泄をスムーズに行おうということなのです。

12時〜20時までは摂食と消化の時間です。
昼食と夕食は、この時間内に食事を摂るようにしましょう。

20時〜4時までは吸収の時間。
食べたものを体にしっかり定着させる時間です。
従って、この時間は何も食べずに胃腸を休憩させてあげましょう。

実は、このサイクルは酵素ジュースを使った1食置き換えダイエットと同じ1日の過ごし方ですよね。
1食置き換え酵素ダイエットをしている人は、知らず知らずのうちにナチュラルハイジーンを実践していたのですね。

新鮮な生野菜を主食にする

このサイトを訪問してくれている人はもうよくご存知だとは思うのですが、新鮮な生野菜には酵素がたっぷりと含まれています。
酵素をたっぷり摂ることで、私たちの体が本来持っている浄化・修復作用が働き、健康になることができるのです。

ところで、肉や魚などの動物性タンパク質を食べる時にご飯やパンなどの炭水化物を食べる人が多いですが、これはナチュラルハイジーンではNGです。
肉や魚は、酵素たっぷりの生野菜と一緒に食べるように心がけましょう。
焼肉屋さんに行くと必ずチシャ菜と特製ミソがありますが、これはとても理にかなったメニューなのです。
もし一人暮らしなどで、なかなか生野菜を常備できない場合は、日常的に酵素ジュースを飲むようにすると良いでしょう。

ナチュラルハイジーンというのは、主に食生活に重きをおいた健康法で、アメリカで普及しているといわれています。野菜や果物を中心に食事するといった一般的なものから、1日を「排泄」「消化」「吸収」の3サイクルに分けて過ごす、など独特のものもあります。