酵素ジュース 朝

トップページ 酵素ジュースの効果とは? 酵素ジュースの選び方 酵素ジュースのアレンジレシピ

朝の一杯で始める酵素ジュース健康法


朝ジュースダイエットなどで話題になった、「朝食の代わりに酵素ジュースを飲む」ダイエット法。
単なるダイエットだけではなく、健康や美容にも、朝に酵素たっぷりのジュースを飲むことは有効だったんです。

朝は排泄の時間。消化に酵素を消費しないで済む「酵素ジュース」を飲みましょう。

朝は体内の酵素にとって、排泄の時間と言われています。
この時間帯は、生野菜や果物をたっぷりつかった酵素ジュースを飲みましょう。
固形ではなく、ジュース状になっていることで消化の負担を減らし
また、酵素自体もすりつぶすことで効果的に摂取できます。
こうすることで、胃に入った酵素が昼からの食事の消化を助けてくれます。
また、朝に生ジュースを飲むことは、普段意識しないと栄養が偏りがちな人にとっても、
手軽にビタミンが補えます。

朝食にごはんやパンをしっかり食べていた人にとっては、 最初は「お腹が空くんじゃないか」と不安になるかもしれませんが、 慣れてくると、意外にお腹が空かなくなり、 むしろ朝しっかり食べていたときのほうが、昼前になると強い空腹を感じていたような感じがします。

また、朝食を酵素ジュースのみに変えたことで、
午前中の仕事が、思いのほか集中して出来るようになった人もいるようです。

朝をしっかり食べずに、酵素ジュースだけのほうが調子がいい?

日本人の一般的な朝食は、パンやご飯が中心ですが、
精製した小麦を使用したパンや白米といった炭水化物は、血糖値が上がりやすいと言われています。
血糖値は満腹感に関係しますが、これらを食べると満腹感を得ることが出来ますが、
一度上昇し、またすぐに下降します。

このような状態が続くと、満腹感を得ても、またすぐにお腹が空いたような「感じ」がします。
じつはこれは実際の空腹ではなく、血糖値が下がったことで、「血糖値が下がっているから空腹だ」と 体が勘違いしている状態です。
白米より玄米の方が腹持ちが良い、と言われるのは、
白米より玄米の方が血糖値の上昇が穏やかで、また下降もゆるやかなため、この偽の空腹感が感じにくいのです。
このような血糖値の急激な上昇下降は、偽の空腹感の他に眠気を引き起こしたりします。

つまり、朝食はしっかり食べるより、ジュースくらいで済ませておく方が、
午前中の仕事は集中して取り組むことが出来るのです。
朝ジュースを続けている人の多くが、
ダイエットや健康目的だけでなく、実行してみると思ったより体が楽だと気付き始めるからではないでしょうか。

>>朝断食からはじめるひとにも無添加の酵素ジュースランキング!<<