酵素ジュース デメリット

トップページ 酵素ジュースの効果とは? 酵素ジュースの選び方 酵素ジュースのアレンジレシピ

酵素ジュースのメリットについて

酵素をたっぷり含んだ酵素ジュースのメリットについて、
発酵タイプの物の場合、豊富な植物原材料を発酵させて作っており、
豊富なビタミン、ミネラルがある程度消化が済んだ状態です。

栄養価が高く、且つ吸収もしやすいので、必要な栄養を補いながら、
消化の負担を抑え内臓を休ませることが出来ます。

そのため、ファスティングダイエットはもちろん、病気で食欲がないときの食事代わりとしても、この発酵酵素液を飲むことができます。

自宅で作る生ジュースの場合、
生野菜や生果実で作るので、それ自体に豊富な酵素が含まれています。

また、ジュースとしてすりつぶすことにより、そのまま食べるよりより多くの酵素を摂取することが出来ます。

生ジュースもまた消化への負担を減らします。
生ジュースの場合は特に、朝朝食代わりに飲むのがおすすめです。
朝の体、内臓は、実は朝食はしっかり食べないほうが負担が少ないと言われています。

そのため、朝に酵素たっぷりの生ジュースを飲むことで、消化の負担を減らし、
且つ昼からの食事に必要な酵素を補い、それ以降の消化の働きも助けてくれます。

酵素ジュースのデメリットについて

このように、発酵したものにも、生ジュースにもそれぞれメリットがありますが、
逆にデメリットがあります。

まず発酵酵素ジュースの場合、
発酵するときに豊富な原材料とともに大量の白砂糖を使用している場合が多いです。

「酵素ダイエット」という言葉が使われるので、みなさんあまり気にしてないようですが、
発酵タイプの酵素液は意外と糖分が多く、高カロリーです。

通常は、糖分を含めて必要な栄養が酵素液には含まれるため、少量飲むだけで、
食事をそれで済ますことが出来るからこそ、ダイエットに有効なのですが、
飲み過ぎてしまうと逆効果になると思います。

また、生ジュースの場合は、
生野菜や生果実は摂りすぎると体を冷やすというのがデメリットかもしれません。
特に、温暖な地域で摂れるフルーツなどは、体を冷やしやすいと言われています。
南国のフルーツには酵素がたっぷり含まれているものもあり、ジュースにしても美味しいですが、
普段の食事では体を温める食材を意識して摂ったほうがよいでしょう。

酵素をたっぷり含む生のもの、体を温める作用のある火の通ったもの、どちらにもメリットがありデメリットがあるのです。
バランスよく食べる事が、大切ですね。

>>当サイトのオススメの酵素ジュース!砂糖不使用のものもあります!



酵素ダイエットで注目の酵素ジュース。野菜や果実を使った食品なので、薬などと違い、副作用はありませんが、 飲み過ぎなどには気をつけた方が良さそうです。しかし、加熱した食品を良く食べる、肉や脂っこいもの中心の食生活を送っている、 ストレスを溜めがち、睡眠不足、など現代人は酵素不足に陥りがち。意識して酵素をたっぷり補うことで、 体が元気になると思います。