トップページ 酵素ジュースの効果とは? 酵素ジュースの選び方 酵素ジュースのアレンジレシピ

"酵素を飲む"だけじゃない、酵素をダイエットに上手に取り入れる方法

当サイトでは酵素ジュースがダイエットに役立つ情報をお伝えしていますが、
酵素の仕組みと満腹感について知っておくと、ダイエットを効率よく進めることが出来ます。

生の野菜や果物を沢山食べて、消化を助ける酵素を得る。

最近では、食事の「食べる順番」が注目されています。
最初に生野菜を使ったサラダをたべることで、消化酵素を取り入れ、
その後に肉やご飯を食べた時の消化を助けるというものです。
消化酵素を多く含んだ食べ物を食べると、食事の消化を助けるので、栄養がよく吸収されます。

私たちの空腹感は、栄養不足を脳が感じた時に起こると言われています。
しっかりと消化吸収できれば、脳が「もういらない」となり、ドカ食いを防ぐそうです。

生野菜や生果実の酵素は、すりつぶすことでより多く得ることが出来ます。
サラダなどはしっかりよく噛むことが大切ですし、
食事の前にジュースにして飲むのもオススメです。

発酵した酵素ジュースの役割

発酵した酵素ジュースの場合は、食物酵素としての役割の他、
ジュース自体が豊富な植物原材料で作られ、ある程度消化された状態です。
ビタミンやミネラルを効率よく吸収できるので、少量でも満足感が得やすいのが特徴。
こちらは、断食や置き換えダイエットなど食事代わりとして使うのが良いと思います。

生野菜や生果実から食物酵素を得るのは普段の食事の消化を助けるためですが、
発酵した酵素ジュースは、それを利用して、食事自体を控え、内臓を休ませて体内酵素を元気にする方法です。

二つの酵素の利用に共通しているのは、消化酵素を浪費を抑えて、必要な栄養はきちんと摂るということです。
現代人は、過食・ストレス・運動不足など、当たり前の生活でも酵素を浪費しがちです。
肥満や老化など、「歳だから」と諦めている人も多いかもしれませんが、
少し酵素の消費を意識した生活をおくるだけでも、思った以上に体が若返り、元気になるかもしれません。


健康的なダイエットのお供に。良質な無添加酵素ジュースはこちら



酵素ダイエットとよばれるダイエット法には断食、置き換え、ファスティングなどがあります。 しかし、酵素は飲めば痩せるものではありません。酵素や栄養、満腹感のメカニズムなどを正しく知ることで、 ダイエットは健康的に効率よく進めることが可能です。ただ痩せたいだけじゃなく、肌荒れや老化が気になる人にもダイエットに酵素を取り入れるということを 知っていただければと思います。