トップページ 酵素ジュースの効果とは? 酵素ジュースの選び方 酵素ジュースのアレンジレシピ

空腹時に飲む

空腹時に飲む方が、消化・吸収がスムーズに行われます。 酵素ジュースで置き換えダイエットをする時に、昼食や夕食よりも朝食が良いとされている理由の1つは空腹時に酵素ジュースを飲むためです。 もちろん、朝は排出の時間なので朝に固形物を食べないようにする、というのが一番の目的ですが、当たり前ですが寝ている間は絶食していますので、1日の中で一番胃がからっぽである朝食に酵素ジュースを飲もう、という目的もあるのです。

酵素ジュースから酵素を効果的に摂るためには、空腹時にゆっくりと味わいながら酵素ジュースを飲むようにしましょう。

良い水をたくさん飲む

酵素が効果的に働くためには水が必要です。 酵素にとってよい水は、pH7.4〜7.5の弱アルカリ性で、ミネラルが多く溶けこんでいる水であることです。 もちろん「有害物質を含んでいない」、ということは言うまでもありません。

ところで、ミネラルを多く含む水が酵素にとって良い水だということと矛盾するようですが、私たちが住む日本の水はほとんどがミネラルをあまり含まない軟水です。 人によっては、飲みなれない硬水をたくさん飲みすぎるとお腹の調子が悪くなる場合もありますので、そのあたりはご自分の体質と相談しながら、水を選んでくださいね。

7時間以上の睡眠をとる

私たちの体は、睡眠中に新陳代謝と体内酵素の生産をします。 睡眠不足だと調子が悪くなるのは、新陳代謝が効果的に行われなかったために不要な物質を体内に溜め込んでしまっていることと、一日の活動に必要な酵素が十分に生産されなかったからです。

したがって、酵素ジュースから摂り入れた酵素を効果的に働かせるためには、しっかりと寝ることが大切です。 目安として、「吸収と代謝」の時間を含む、22時から2時を含む時間帯に、7時間以上の睡眠時間を摂るように心がけましょう。

せっかく、無添加の酵素ジュースを飲むのですから、効果的に取り入れたいですよね。ここでは、酵素ジュースから効果的に酵素を摂る方法についてご紹介しました。「空腹時に飲むこと」「良い水をたくさん飲むこと」「睡眠時間をたっぷり摂ること」、この3つに気をつけて酵素を飲むことで、飲んだ酵素が効果的に働いてくれます。