酵素ジュース 飲み方

トップページ 酵素ジュースの効果とは? 酵素ジュースの選び方 酵素ジュースのアレンジレシピ

酵素ジュースの飲み方

酵素ダイエットなどで注目されている酵素ジュースは、
それ自体でダイエットに活用したり、
リバウンド防止の為に飲み続けたり、おやつの代わりに飲んだり、と
手軽に活用できるようです。
ここでは、酵素ジュースが飲まれている主な目的を紹介したいと思います。

食前

食前に飲んで食事の消化をサポートする

最近では、ダイエットには食べる順番が大切、「最初に生野菜のサラダを食べる」とも言われていますが、 これは生野菜に含まれる酵素を先にとることで、その後に続くおかずの消化を助ける働きがあると言われています。

酵素ジュースにも食物酵素が含まれるので、食前に飲むことで、食事の消化を助け消化酵素の浪費を抑えることが出来ます。 食前に酵素ジュースを飲むようになった人からは、「以前と同じ量を食べても太りにくくなった」という声が多いようです。 あまりそれだけで痩せることはないようですが、ダイエット成功後の体重維持のために食前に酵素を摂る人もいるようです。

食事の消化をサポートしてくれる酵素はこちら

朝食の代わり

食事の代わりに飲む(置き換えダイエット)

夏にブームになったグリーンスムージーなどは、朝食の代わりに酵素ジュースを飲むことで、
ダイエットや美容・健康に効果的ということで、話題になりました。

朝食を酵素ジュースに置き換えることで、固形物を食べるときの消化の負担を抑え、
更に昼からの食事の消化を助ける働きもあります。

置き換えダイエットにオススメの酵素はこちら

食事の代わり

ファスティング飲料として飲む

丸1日〜3日の断食をして、食事の代わりに酵素ジュースを飲みます。 断食の前には食事を減らす準備食、断食後は食事を徐々に戻す回復食、この両方の期間を必ず取ってください。

宗教的な断食と違い、酵素ジュースを飲むことで体内酵素の働きを助けたり、 食事の代わりにドリンクが飲める、ということで満足感があります。

ファスティングにオススメの酵素ドリンクはこちら

おやつ代わり

おやつ代わりに飲む

酵素ジュースは、「液状なので消化によく」「酵素なので消化を助ける」働きがあります。
甘いものが欲しくなったら、お菓子の代わりに酵素ジュースを飲むと、
お菓子を食べたり通常のジュースを飲むよりも体にいいものを摂ることが出来ます。
また、お茶などを飲むよりも満足感がありますよね。

ダイエット中の方はおやつのバリエーションとして酵素ジュースを加えてみてはいかがでしょうか。

おやつ代わりに飲める酵素ドリンクはこちら

ダイエット中の酵素ジュース(発酵液タイプ)の飲み方

発酵濃縮タイプの酵素ジュースは、それ自体がトロッとしたシロップのような状態なので、
原液を割って飲むほうが飲みやすいと感じる人が多いでしょう。

フレッシュジュースで割って飲んだり、炭酸や無糖のアイスティーなども美味しくいただけます。
また、ミキサーで作った生ジュースに発酵液を合わせるのもおすすめ。酵素たっぷりジュースが完成します。
発酵タイプの酵素ジュースを割る場合に注意したいのは、
酵素は温度に弱いので、熱い飲み物では割らないでください。


>>当サイト人気No.1は初めての酵素ジュースにもおすすめの商品<<



酵素ジュースの飲み方について。ファスティングダイエットや、置き換えダイエットで注目の酵素ジュース。 通常のダイエット食品や飲料と違い、様々な飲み方のバリエーションがあるのが魅力的ですね。 また、発酵液タイプの酵素はそのままだとシロップのようですので、他のソフトドリンクと割った方が飲みやすい人が多いようです。 ソーダ割りや紅茶割など、おすすめの飲み方を紹介します。