酵素ジュース 選び方

トップページ 酵素ジュースの効果とは? 酵素ジュースの選び方 酵素ジュースのアレンジレシピ

酵素ジュースをお取り寄せする理由

酵素液や酵素ドリンクなど市販品はさまざまありますが、
「酵素ジュース」はテレビでタレントが手作り酵素ジュースでダイエットに成功したことから、一気にブームになったそうです。
しかし、この酵素ジュース作り、案外衛生管理や温度管理が難しく、熟成まで毎日かき混ぜたりと手間がかかります。

また、手作りの酵素ジュースと市販のものの大きな違いは、含まれる材料の種類の多さにあります。
ほとんどの市販の酵素ジュースが、十数種類〜数十種類の原材料を使っており、
一般では入手しにくい、薬草レベルでパワーの強い「野草」を使っていたり、
効果をより高める独自の比率で材料を配合している酵素もあります。

また安定した環境でじっくり長期間熟成させることができるのも、
専用の工場で、発酵のプロとも言える人たちが長年の経験や研究の上で管理しているからです。
じっくり時間をかけ、熟成された酵素ジュースは、材料が低分子化され、体に染み込みます。
断食中の消化吸収に係る負担を必要最小限にすることで、ファスティングダイエットの効果を高めます。

「無添加」であることの大切さ

そして、そんな市販の酵素ジュースの中でも、「無添加」のものを選んでほしい理由があります。

これだけの酵素ブームの中で様々な商品がありますが、
保存料・着色料などを含まない完全無添加の酵素は、実はごくわずかです。
(私も色々探して検討したのですが、このサイトの4種しかオススメできるものがありませんでした!(>_<))
もちろん、「無添加」というだけで安心感はありますが、酵素を取り入れるにあたってはもっと大事なことがあります。

それは、合成保存料の中には酵素の力を抑制してしまうものがあるということです。

また、酵素を摂取したり、ファスティングダイエットをすると、毒素を排出する機能が高まりますが、
この「毒素」とは、添加物のことも含みます。
「毒だし」するつもりで酵素を摂取するのに、肝心の酵素に有害なものが入っているのは心配です。

また、その酵素が「発酵原液100%」であることも大切なポイントです。
市販品の中には、原液をブドウ糖やシロップで薄めているものも存在します。折角の栄養成分が薄められますし、糖分の過剰摂取も気になりますね。

以上を踏まえて酵素ジュースを選ぶポイントは
  • 原材料の種類・材料の配合比率をチェック
  • 熟成期間が長いものほど、材料が低分子化され味もまろやかになる
  • 市販の酵素の中には、酵素の効果を抑制する添加物を含むものがある
  • ブドウ糖やシロップで薄めた酵素も存在する。選ぶときは「原液100%」のものを
以上になります。

また、本当に質の良いものを選ぶと、それだけ値段が上がってしまいます。
成分と熟成期間と価格のバランスから自分に合うものを、検討してみて下さい。

【参考】酵素ジュースは無添加のものを

【参考】無農薬で無添加の酵素ドリンクをご紹介

>>当サイト人気No.1は初めての酵素ジュースにもおすすめの商品<<



今酵素ジュースを手作りされている方には2通りいらっしゃるのではないかと思います。 ひとつは、果物などを買ってきて自宅で発酵させた酵素液を飲む酵素ジュース。もうひとつは、生の野菜や果物をミキサーやジューサーでジュースにした酵素ジュース。この夏はグリーンスムージーなども注目されました。 まず家で発酵液を作る場合は、手間と時間が結構かかります。熟成期間までに毎日手でかき混ぜたりする必要がありますし、発酵を成功させるには管理温度や衛生面などけっこう気を使うものです。 生ジュースを作るのも時々ならともかく、意外と習慣化するのは難しいですよね。 そこで、市販の酵素ジュースをうまく取り入れることをおすすめしたいのですが、酵素の効果を実感するなら「無添加の酵素」を選ぶことをぜひおすすめしたいのです。 酵素を摂取すると、体の代謝をあげデトックス効果を高めると言われていますが、保存料や着色料などの添加物の入ったものではせっかく毒だししてもまた入れてしまうことになります。 また、ものによっては野菜や果物などの発酵原液を、ブドウ糖やシロップで薄めた物も販売されています。それは少し癖のある酵素を飲みやすくしたものではありますが、 やはり酵素の効果を本当に実感したいなら、発酵原液100%のものをおすすめしたいです。無添加で酵素原液100%ということをあまり気にされてる方はいないようですが、商品レビューなどで口コミを見ると、 「体がポカポカする」「肌がきれいになった」と確かな効果を実感している方が多いように思います。