トップページ 酵素ジュースの効果とは? 酵素ジュースの選び方 酵素ジュースのアレンジレシピ

50℃洗いについて

皆さんは、つい最近ブームになった野菜の50℃洗いについてご存知ですか。
野菜を50℃(48℃〜53℃)のお湯に2分程度浸すことで、シャキシャキになるという方法です。

これは野菜をお湯に入れることで、葉の気孔が開いて細胞に水分を取り込むためです。
これをヒートショックと言います。 50℃で洗うだけという、簡単な方法で野菜の鮮度が増して味が良くなり、しかも、水で洗うよりも汚れや虫などを落としやすいので、通常よりも長持ちするそうです。
また、水で洗うよりも除菌効果が優れているということで、夏場などの食中毒が怖い時期には、特に試してみる価値があるかもしれません。

やり方は50℃で洗うだけと簡単なのですが、温度には注意しなければいけません。
43℃以下で洗うと菌が繁殖しやすくなりますし、53℃よりも高い温度で洗うと野菜が茹で上がってしまいます。

50℃洗いと酵素について

まず始めに50℃洗いについてご説明しましたが、酵素に詳しい方は、「50℃で洗うと酵素が死んでしまうんじゃないの?」と思われたかもしれません。
もちろん、酵素は熱に弱いです。

しかし、実は酵素は熱によって失活(働きが失われること)する直前に、最も活性が高くなるのです。
したがって、茹で上がる手前温度である50℃くらいで洗うと、食物酵素が活性そ、とたんにフレッシュな状態になるのです。
葉物を50℃洗いするとシャキシャキになるのは、単に水を取り込んでいるためだけではないのですね。
野菜から酵素を効果的に摂取するためにも、50℃洗いはオススメの調理法なのです。

50℃洗いは最近とてもブームですね。50℃で洗うと、しなびた野菜が元気になっておいしくなる上に除菌効果まであがるといういい事ずくめの方法です。さらに、50℃洗いには、食物酵素を活性化させる効果まであり、野菜から酵素を効果的に摂取する方法としても有効です。